fc2ブログ
足跡が消えない世界へようこそ
【初期】ボブディランの年譜を作ってみたくなった②~高校卒業からデビューまで~【年譜】


【初期】ボブディランの年譜を作ってみたくなった①~高校卒業まで~【年譜】

IMG_20221123_033130_520 (1)

■1959年
6/5
高校卒業🎉

卒業後
ノースダコタ州のファーゴに降り立つ
レッドアップルカフェで雑用係をする
ボビーヴィ(Bobby Vee)のバックバンド(シャドウズ)のピアニストのオーディションを受け採用🎉
「テイク・グッド・ケア・オブ・マイ・ベイビー」がヒット🎶
※しかし、正式メンバーには採用されず・・・。
ボブは自分のことをエルストン・ガンと名乗る🔥

両親はボブを発達障害のある子どもを治療する学校に行かせようとした
※両親は音楽にのめり込むボブの言動をみて、そう思ったらしい

9月
ミネソタ大学 入学🎉

寮(ユダヤ人学生友愛会シグマ・アルファー・ミュー寮)生活がスタートするが馴染めず
※ちなみにこの寮は格上の寮だった

多くをディンキータウンで過ごす
ビートニク詩人、白人ブルースマンが集う街
フォークソングが流行っていた🎸🎸
ロックは下火になり反ポップスの受け皿になっていた

昨日の聴き手が明日の歌い手

オデッタ(黒人女性フォークシンガー)を熱心に聴きこむ🎶
彼女は、霊歌や労働歌の伝統を歌う🎤
「ジャック・オ・ダイヤモンズ」
「ミュール・スキナーズ・ブルース」
✈✈✈1967年来日

その他、ピートシガー、ウディガスリー、レッドベリーのようなアクの強いシンガーを好んで聴いていた👂

ウディガスリー(1912~1967.10)との出会い
オクラホマ出身
著書「ギターをとって弦をはれ-Bound of Glory-」

ニュージャージー州イースト・オレンジ
グレイストーン病院に入院🏥 ハンティントン病

歌は生き方を学べるものである

ガスリーの声は「ナイフのような鋭い声」
ガスリーの楽曲はまるで「ことばで絵画を描いた」

プリティ・ボーイ・フロイド
「万年筆で君から盗む」

I am out to sing the songs that make you take pride in yourself
「僕は人々に自分自身に誇りを持ってもらえるような曲を歌うためにやっている」 byウディガスリー

フローキャスナーの兄が所持していたレコード12枚を聴いたのがきっかけ🔥
ちなみに友人ジョン・パンケイクはランブリン・ジャック・エリオット(Ramblin'j ack Elliott)を教える
ボブは歌い方、仕草を堂々と完コピするw
※ジョン・パンケイクはミネアポリスのフォークミュージック雑誌編集者✍
パンケイクの留守中にボブはレコードを盗む
バレてパンケイクに殴られるw
また、友人ポール・ネルソンのレコードを盗むw

転売目的ではなく探求心のためだったらしいけど
盗みは盗みだからねwダメだろうw

エレキを売却
そして
Martin00-17を手に入れる🎸🎸

2人目の恋人
ボニー・ジーン・ビッチャー

テン・オクロック・スカラー 学生のたまり場
ボブ、初演奏の場👏

■1960年


ヌード劇場で演奏?
デンヴァーのフォーククラブに出入りしてた
ジェス・フラーからハーモニカホルダーを教えてもらう🎶

12月
ウディガスリーに会いに行く旅が始まる
ヒッチハイクで!!!
途中、シカゴに立ち寄りピートシガーのLIVEを観る🎸

■1961年 ボブ20歳

1月
フレッド・アンダヒル、デイヴィッド・バーガーと共にNYを目指す
※フレッドとデイヴィッドは交代の運転手を探していたところボブが手を挙げた

1/24
グリニッジ・ヴィレッジ 到着
人的交流が多用化した街

到着したその夜
Cafe Wha?でフーテナニー・ナイト(Hootenanny)で数曲歌う🎤🎸
「ウディガスリーの足跡を追って国中を旅してきた」と自己紹介した

フーテナニー・ナイト(Hootenanny)とは
※フォークシンガーが聴衆を参加させて行うコンサート、非公式、即興で開催されるもの

ガスリーを見舞う🏥
「とりわけアメリカの精神の真の声に会うには異様な場所だった」

フォークロア・センターに通う
店主:イジー・ヤング(Izzy Young)
フォークソングの情報拠点
店内で偶然デイヴ・ヴァン・ロンクと会う
ボブはどうすればギャスライトで仕事ができるのか尋ねた
デイブの前で1曲歌って、その日のギャスライトのステージに飛び入り参加させてもらった🎤
ボブはよくデイヴの家に泊めてもらった
妻テリもボブのことを親切に応対した(^^♪

この頃、ビートニク、ジャズは下火になっていた
JFK大統領就任でアメリカ国内で変化と若さのイメージが広がる♪

2/14
NYのブリーカー・ストリートにあるミルズ・バーでSong To Woody~ウディに捧げる歌~を書いた
メロディーはガスリーの「1913年の大虐殺」 1913マサカーを借用🎶

3月
ガーディス・フォークシティに出演オファー
ボブに2週間の出演オファーを打診 ジョン・リー・フッカーの前座 週給90ドル
4/5
ニューヨーク大学
フォーク・ミュージック・ソサエティのメンバーの前で歌う🎤
4/11
ガーディス・フォークシティのステージに立つ
レパートリー:朝日のあたる家、ウディに捧げる歌
5/6
インディアン・ネック・フォーク・フェスティバルに出演
ボブニューワースと出会う※美術学校に通っていた
5月中旬
ハリーベラフォンテのレコーディングにハーモニカで参加
ミネアポリスに帰省
ボニー・ビーチャが25曲録音
●10曲がガスリー
オリジナルは1曲のみ
「ホワイド・ユー・カット・マイ・ヘアー?」 ※ボニーがボブの髪を切り過ぎたときの歌

再びミネアポリスへ ヴィレッジで活動再開🔥🔥

PPMのノエル・ストゥーキーはコメディアンだった
トイレの流す音を模写をしていたからトイレットマンと呼ばれていた
ボブの初期作品「ベア・マウンテン・ピクニック・マサカー・ブルース」の元ネタとなった新聞記事(ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン紙)を渡した

ハドソン川をさかのぼってベアマウンテン国立公園に向かった一家の悲劇
事件の内容は、定員数より多いチケットが売られたせいでピクニックの船旅が悲劇に変わった


アラン・ローマックス(Alan Lomax) 父ジョン・ローマックス
フォークソングの研究家
ハリー・スミス「アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージック」をボブに強く奨めた🔥

アランの事務所の秘書カーラ・ロトロの妹がスーズ・ロトロで3人目の恋人となる

スーズの両親は共産党員
父親は14歳のときに他界 工場労働者だった
あらゆる抗議活動に参加 反核メンバーSNNEのメンバー
ランボー、バイロン詩集を愛読 ベルトルト・ブレヒト戯曲

スーズの影響を受けて絵を描いく→現在も継続して描き続けている
ボブ、映画「ピアニストを撃て」に魅了する

初めてねぐらを固めることを決意する🛏🛏🛏🛏🛏🛏

7/29
12時間実況中継ラジオ番組に出演

9/26~10/8
ガーズ・フォークシティに出演
グリーンブライア・ボーイズの前座
バディ・ホリーの「ロンサム・ティアーズ」を歌った🎸
初日にロバートシェルトンがやってきてニューヨークタイムズに書評を書いた✍
9/29
ロバートシェルトンの記事が掲載👏
9月末
キャロリン・ヘスターのレコーディングにハーモニカで参加
※エリック・フォン・シュミットが彼女を紹介したのがきっかけ
プロデューサー:ジョン・ハモンド(50歳)
曲は「カムバック・ベイビー」

プロデビューのきっかけはこのレコーディング現場🔥🔥
ジョン・ハモンドに拾われた!!!
ジョンに1曲やってくれと言われてボブは「ニューヨークを語る」を歌い
ハモンド大絶賛👏

ジョン・ハモンドの過去の功績
ベッシー・スミス、ビリー・ホリデー、カウント・ベイシー、ピートシガー
後にブルーススプリングスティーンをプロデュースする
1959年、ジョーン・バエズとの契約失敗 バエズ側の要求額が思いのほか高かったらしい💰
この年、バエズはニューポートフォークフェスティバルで人気者になる👏

「ステージ上の経験はすべて矯正していない近眼特有のモヤがかかっている。
それは人の仕草・表情が見えない、とても小さくて個人的でそして閉ざされた世界だ」

「さまざまな影響を吸収する作業をしながら独自のものを創り出していく。」

10/26
コロンビア・レコーズと契約🎉

11/4カーネギー・リサイタルホール
200名のキャパで53名しか集客ができなかった
企画:イジーヤング

11/20と11/22の2日間でアルバム「ボブディラン」をレコーディングを決行した🎸🎸
NYにやってきてわずか14カ月目でまさかのデビューが決定👏
発売日:1962.3.19
17曲レコーディングして13曲収録した🎸
自作曲は1曲のみ「ウディに捧げる歌」
ガスリーの曲を録音したが収録されず
朝日のあたる家はヴァンロンクのアレンジをパクった
ヴァンロンク激怒🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥🔥

全体的に人の死をテーマにした曲が目立つアルバム

【契約内容】
●5年契約
●4%のロイヤリティを受け取る権利

レコーディング費用は402ドル
ライナーノーツをロバートシェルトンが担当したが
ステイシー・ウイリアムズと別名を使用した

疲れたので今日はここまで👋

 

 

 

ブログランキングをアップさせたいので↓↓の画像を
どれか一つで良いのでクリックしていただけら気絶するほど嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【初期】ボブディランの年譜を作ってみたくなった①~高校卒業まで~【年譜】

初期のボブディランの年譜を作りたくなった🔥
所有しているボブ📚を久しぶりに読み返してるよ💦
熱心に読んだのはやっぱり60年代周辺📚
ライクアローリングストーンはどのようにして完成したのか?の箇所は
何回も何回も一生懸命読んだ🔥
どうしてもこのレコーディングに参加したかったアル・クーパーは意を決して
目の前にあった弾いたことのないオルガンの鍵盤を一か八か強く沈めた🎹
するとオルガンの音色にボブが反応してもう一度弾いてくれないか!となって
見事アル・クーパーはレコーディングメンバーに選ばれた👏👏👏
有名エピソードは今でも脳裏に焼き付いているけど
案外デビュー前~デビュー直前の箇所はまったくと言っていいほど覚えていない💦
なので、どこまで更新できるかわからないけどやってみることにした~

IMG_20221123_033130_520 (1)




ボブディラン
本名:ロバート・アレン・ジママン
(1941.5.24~)
アメリカ合衆国ミネソタ州ダルースに生まれる
※鉄鉱石の積み出し港町

父:エイブラハム ロシア帝国の弾圧を逃れて黒海沿岸の港町オデッサから逃げてきた
祖父:ジグマン
祖母:アンナ・ジママン

母:ベアトリス・ストーン(通称:ビューティー)
祖父:ベンジャミン
祖母:リッパ・エデルスタイン

弟:デイヴィッド
※親が喜ぶことをやろうとする性格だったので
幼い頃からボブと仲が良くなかったらしい

生まれた頃、父(エイブラハム)は石油会社を病(ポリオ)で退職 歩行困難になる
そして、ミネソタ州ヒビングに移り住む

■街の特徴
ヨーロッパ移民が数多く住む街
オリヴァー鉱業社の発展で栄えた街

■1948年 ボブ7歳

ヒビングの家にはギター🎸、レコードプレーヤー🎶付きのラジオ📻があった(^^♪
その家にあったレコード「ドリフティン・トゥ・ファー・フロム・ザ・ショア」を聴いて痺れる🔥

■1949.9~1952
ユナイテッド・スティールに対して
ストライキが発生し、労働者側が勝ち取る!

■1950 ボブ10歳

母親の誕生日に自作の詩をプレゼントした

■1952年 ボブ12歳

ガルブランソンの小型のピアノを買う🎹
ピアノのレッスンを拒否 「弾きたいように弾かせろ!」
自己流でピアノを弾くようになる🎹
ハンク・スノウ、ハンク・ウィリアムズ、ジョニー・レイ等の楽曲を耳コピして弾いていた)
深夜ラジオにはまる📻
黒人ブルースに傾倒する🎸🎸
マディ・ウォーターズ、ジョン・リー・フッカー、ジミー・リード、ハウリン・ウルフなど)

友達:ジョン・バックリンとよく2人でセッションをして遊んでた
バックリンはギター🎸とレコーダーを所有していた

ボブ家 ようやく貧乏から脱出成功👏
母(ビューティー)は地元のデパート フェルドマンズデパートで働く
ヒビングの街にも活気が溢れる
バイクを買ってもらう🏍

ピアノ🎹、トランペット🎺、サキソフォンを少しかじって
アコギの練習を開始する
教則本「ニック・マノロフのスペインギター必携」で練習した

ボブの処女作は女優ブリジッド・バルドーを歌ったもの
(ボブ on Piano バックリン on Guitar)

※後にバックリンが録音した音源がブートで発掘される🔥

■1955~1956 ボブ15~16歳

強制的にキャンプに参加させられる ※ユダヤ人の友達と会えるように~
ボーリングチーム ガターボーイズのメンバーに所属

男友達 この3人は生涯の友
●ハワード・ラットマン ※ハワードの家にあった🎹をボブが壊すw
●ラリー・キンガン(音楽好き)
●ルイス・ケンプ

女友達
●ジュデー・ルービン
●ハリエット・ジッソン

この頃のボブは映画にもはまっていた🎥
●ビル・ヘイリー/「暴力教室」
●ジェームズ・ディーン/「理由なき反抗」 ※1955年ジェームズ・ディーン死去
主人公ジム・スターク
「十年後の答えなんてほしくない」「いま答えがほしいんだ」
●エルヴィス・プレスリー/「ブルームーン・オブ・ケンタッキー」※ボブ、1999年のLIVEで演奏した

リトル・リチャード
髪型も真似していた

初バンド結成㊗
バンド名は🔥ジョーカーズ🔥
基本スタイルはアカペラグループだった🎤
~メンバー~
●ラリー・キーガン ※1958年、事故で四肢麻痺
●ハワード・ラットマン
●セントポールの友人

ツインシティーズのテレビ番組出演
5ドルをはたいてレコードを作った🎶
BOB ON PIANO
「ビー・バップ・ルーラー」
「アース・エンジャル」

更にメンバー追加でバンド名も変更
🔥シャドウ・ブラスターズ🔥
~メンバー~
●ビル・マリナック BASS
●ラリー・ファッボ GUITAR
●チャック・ネイラ DRUM
●ボブ    PIANO+バンマス

■1957 ボブ17歳

ハイスクールの講堂で演奏したが不評で解散

ジョン・バックリンと楽器店に入り浸る🎸🎸
父親にハーレーとフォード・コンヴァーチブルを買ってもらう

ヒビングのはぐれ者
●リロイ・ホイッカラ 🏍友達
●ジョン・バックリン

ボブは落ち着きがなく空想癖があり単独行動が好きだった


10月

初ガールフレンドができる👏
エコ・スター・ヘルストロム(フィンランド人・16歳)
反逆的なファッションをしていた🎶

ボブとの出会いは雪降る中、ボブがギターを弾いているのを見かけた

🎹ボブは自分のポケットナイフを使ってムース・ロッジに侵入して
エコにリトル・リチャードのピアノのフレーズを弾いてあげたらしい🎹

ボブはエコにブレスレットを贈る💛

3つ目のバンド結成
🔥ゴールデン・コーズ🔥
~メンバー~
●リロイ・ホイッカラ DRUM
●モンティ・エドワードソン GUITAR
●ボブ PIANO

■1958年

2/10
ヒビング・ハイスクールの集会で演奏する
ボブはピアノを壊すw
「ロックンロール・イズ・ヒア・トゥ・スティ」を歌うが中断させられるw
その夜、今度はボブだけがステージに上がりリトル・リチャードの曲を歌うが中断させられるw
「俺にはガールフレンドがいる!エコという名の子さ」と語りを入れて歌ったためw

3/1
初めてギャラを貰う💰
テレビ出演も果たす📺
「ポルカアワー」
ポルカ・・・ボヘミアの伝統的民族舞曲※ミネソタ州の鉱山労働者には人気があった

エコとの関係も不穏になっていく~
メンバー内で音楽性の不一致で解散😢
ボブ以外のメンバーはプレスリー風なバンドをやりたくなっていたようだ
メンバーの一人リロイ・ホイッカラが新しいバンド「ロケッツ」を結成
ボブも一緒に演奏するが、、、ロックに限界を感じる
「現実の人生を反映していない」

ボブディラン-名前の由来-
●詩人ディラントーマスからとった説  ※エコの証言
ヴェールズ出身の詩人、1953年、NYでアル中で死ぬ(39歳)
【主な作品】
「塔の中の耳がきく」
「ロンドンのある子どもの焼死を悼むことを拒む詩」
「走っている墓場のように」
●ボブのおじディリオンからとった説
※しかし、そんな名前の親戚はいない
●ビビリング初期移住者ジェームズ・ディロンからとった説
●TV番組「ガンスモーク」※主人公マット・ディロンからとった説

多くの詩集を読んだり文学も読んだ📚
ジョン・スタインベック「怒りの葡萄」を読んで読書感想文でA評価をもらう

■1959

1/9
一夜限りのバンド
🔥エルストン・ガン・ザ・ロック・ボッパーズ🔥を結成
この頃からすでにリハなしの即興を楽しんだ🎶

1/30
ROCKの改革者
バディ・ホリーを観る🔥

ボブは目が合ったと大興奮!!!

しかし、2日後 バディホリーは事故死してしまう😢
※4日後の説もある

6/5
高校卒業
卒アルに将来の夢に「リトル・リチャードの仲間になること」と記す✍

未来のリトル・リチャードの旅はまだまだ続く

 

 

ブログランキングをアップさせたいので↓↓の画像を
どれか一つで良いのでクリックしていただけら気絶するほど嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村
【自分】ボブディランのノーベル文学賞受賞スピーチ~メモ書き①~【専用】

笑いの本質とは、「差別」である。
優者が愚者を見くだす、その位相の差異の中に笑いがあるのだ。

中島らも砂をつかんで立ち上がれC_5831

中島らも/砂をつかんで立ち上がれ「ミジメ」を描き続ける人より






この本は発売日に京都の大垣書店本店で購入した📚
店内を隈なく探したんだけど自力では見つけられず店員さんに探してもらった記憶がある(^^♪

IMG_20221109_002915_723.jpg

かなり今更感が強いけど、ディランのノーベル文学賞のスピーチの英文を訳しながら
文構造、英単語、豆知識などなどを学んでみたくなった🔥


Good evening , everyone.

みなさん、こんばんは。

・good eveningは、フォーマルなシチュエーションで使う
※友達同士では使わない! 友達同士では、Hi , everybody

I extend my warmest greetings to the members
of the Swedish Academy and to all of the ohter distinguished guests
in attendance tonight.

スウェーデン・アカデミーのメンバーの皆さんには心からご挨拶申し上げます。
また今晩同席されているすべての来賓の皆さま方にも心からご挨拶申し上げます。

extend (謝意などを人に)述べる (親切などを人に)及ぼす
greeting 挨拶のことば ※複数形にして手紙などに使われる
distinguished 「著名な」「名高い」
in attendance 「出席して」「参列して」

to all of the ohter distinguished guests (who are) in attendance tonight

・ここでのtoは、方向を意味する前置詞
英語では「関係代名詞+be動詞」は省略される

I'm sorry I can't be with you in person ,
but please know that I am most denfintely with you in sprit
and honored to be receiving such a prestigious prize.

今日は出席できず申し訳なく思います。
ただ気持ちは今まさに皆さんのもとにあり、
このような素晴らしい賞をいただけることを光栄に思ってます。
これはご理解いただければと思います。

in person 「(代理ではなく)自分で」
most denfinitely 「マジで」
be honored to~ 「~することを光栄に思う」
prestigious 「名声のある」

such a prestigious prize (as Nobel Prize in Literature)
※言わなくてわかることなのであえて省略している

豆知識
🏆アルフレッド・ノーベル ダイナマイトを発明 12月10日が命日
巨額の富を得たが多くの人間を殺した・・・
🏆ノーベル賞は、文学賞、平和賞、化学賞、物理学、生理学医学の5つ
人類の平和に貢献したひとに授与🏆


Being awarded the Nobel Prize for Literature is something
I never could have imagined or seen coming.

私がノーベル文学賞をいただけるとは想像もしていませんでしたし、
こうやって手にできるとも思ってもいませんでした。

award 「賞を与える」
literature 「文学」

From an early age , I've been familiar with and reading and absorbing the works of those
who were deemed worthy of such a distinction
: Kipling , Shaw , Thomas Mann , Peal Buck , Albert Camus , Hemingway

小さい頃から、私は巨匠といわれた
キップリン、ショー、トーマス・マン、パール・バック、アルベール・カミュ、ヘミングウェイといった
人たちの作品に慣れ親しんみ、そして作品を読んでは色々と学んできました。

absorb 「学問などを吸収する」「自分のものにする」
worthy of~「~に値する」
distinction 「名誉」
deem 「~だと考える」



ブログランキングをアップさせたいので↓↓の画像を
どれか一つで良いのでクリックしていただけら気絶するほど嬉しいです(^^♪

にほんブログ村 音楽ブログ 男性ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村